スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーブレークスペース

ノーブレークスペース (no-break space,non-breaking space, NBSP)
スペースの前および後の位置での自動的な改行(行の折り返し)を防ぐ特殊なスペース

  • ハードスペースや固定スペースとも呼ばれる。
  • HTMLのように通常のスペースの並びを1つのスペースにまとめるシステムで、行内に複数のスペースを入れるために使うこともできる。
  • Unicodeでは、U+00A0でありNo-Break Spaceと呼ばれる。
  • ISO/IEC 8859では、NBSPは0xA0である。
  • EBCDICでは、0x41でありNo-Break Spaceと呼ばれる。
  • 多くの日本語環境ではキーボードから直接入力では入力できないため文字コード表などを使用して、一覧から入力する必要がある。
  • HTMLの文字参照では、 もしくは もしくは と書かれる。
  • TeXでは、ハードスペースを示すためにチルダ (~) を使う。
  • Microsoft Wordの標準ショートカットキーはCTRL+SHIFT+SPACEの組み合わせ。
  • Mac OSの環境下では、ショートカットキーはOPTION+SPACEである。
  • 国際符号化文字集合 (ISO/IEC 10646) とUnicodeには、他にもノーブレークスペースが何種類か存在する。
  • 幅の狭いノーブレークスペース。Unicodeでの名称は“NARROW NO-BREAK SPACE”(U+202F)。
  • ゼロ幅のノーブレークスペース。Unicodeでの名称は“ZERO WIDTH NO-BREAK SPACE”(U+FEFF)。 この文字はUCSバイト順マーク(略語:BOM)としても使われることに注意。 この多重定義のため、RFC 3629では「シグネチャ機能を除いてU+FEFFと正確に同じ意味と 使用法を持つ新しい文字U+2060“WORD JOINER”がUnicode 3.2で追加された。単語結合の意味では 新しい文字だけを使うことを強く推奨する」と説明している。

情報元:ノーブレークスペース - Wikipedia

コメントの投稿

非公開コメント

Flashカレンダー
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

設定 文字コード HTML 用語 JavaScript 特殊文字 SyntaxHighlighter MySQL Add-ons CSS Firefox Wordpress 

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。