スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

URLの「Canonicalization(正規化)」

「wwwあり」と「wwwなし」などの重複URLの統一のこと。
  • example.com/
  • www.example.com/
  • example.com/index.html
  • www.example.com/index.html
  • 上記は、異なるURLでも参照されるページは同じとなる。このような場合、正規化を行う。


    「.htaccess」の設定

    「wwwあり」に統一する場合
    Options +FollowSymLinks
    RewriteEngine on
    RewriteCond %{HTTP_HOST} ^sample\.com
    RewriteRule ^(.*)$ http://www.sample.com/$1 [R=301,L]
    


    「wwwなし」に統一する場合
    Options +FollowSymLinks
    RewriteEngine on
    RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.sample\.com
    RewriteRule ^(.*)$ http://sample.com/$1 [R=301,L]
    

    「~/index.html」を「http://www.exmample.com/」にそろえる時場合
    Options +FollowSymLinks
    RewriteEngine on
    RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
    RewriteRule ^(.*)index.html$ http://www.example.com/$1 [R=301,L]
    
    ※www.example.com内のすべてのディレクトリで、「/index.html」が「/」に正規化されます。

    rel=”canonical”による対応もある。
    複製コンテンツページのheadセクションに以下の記述を行う。
    
    
    「http://指定ページ」には優先させる(=SERPに表示させたい)ウェブページのURLを指定。
    • 301リダイレクトと違い転送されないが、サーチエンジンはrel=”canonical” で指定されたページへの301リダイレクトのように扱う。
    • 同一ドメイン内でのみ機能します。別ドメインのURLは、指定しても処理されない。
    • サーチエンジンはrel=”canonical”ヒントにするだけで、必ず従うわけではない。
    • 多少ならばコンテンツが異なっていても、適用される。
    • HTTPでもHTTPSでも機能する。
    • 相対URLと絶対URLのどちらでも大丈夫だが、絶対URLが推奨。
    • 必要なページだけに記述する。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Flashカレンダー
    FC2カウンター
    最新記事
    カテゴリ
    ユーザータグ

    設定 文字コード HTML 用語 JavaScript 特殊文字 SyntaxHighlighter MySQL Add-ons CSS Firefox Wordpress 

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。